たまたまか、必然か。

ごきげんよう。文字書きです。自粛も少しずつ緩んで行ったり来たりを繰り返すのかなと思うこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。

最近ツイッターの表垢では文字書き何言ってんの?なことが多かろうと思いますが、ヲタクが沼ってる最中なだけなので、どうか生暖かい目で放置してくださいませ。

140文字だと表現しづらいなと思ってこのブログを思い出し、開いてみたところ。

本日このブログを開いて丁度9年でした。2011年6月3日。なんで6月3日だったのかは覚えていませんが、場を探してここに辿り着いたのは確かです。放置して久しいブログに突然記事を書こうと思い立ったのは、偶然なのかな? 

ちょっと不思議だな。もしかしたらブログに宿った精霊が(いるか、そんなもん)私の脳内に話しかけたのかもしれません。多分違うけど……。

ここから先は無駄話にお付き合い下さる方だけ読んでくださいね。つまんなかったら閉じちゃってください。ただの萌え語りです。興味のない方にはなんの益もないです。

いつも遊びに来て下さる方々はご存じのとおり、文字書きはハマっとります。中国からきた壮大な萌えコンテンツ『陳情令』に。

縁あって中国語を学び始めてほぼ30年(時の流れはおっそろしい……いやマジ)。学生時代を除き、これまで必死で読んだのはハリーポッター(日本語より早く中国語版が出た)と日本のBL(当時向こうに住んでいて日本の本が手に入にくかったから翻訳版を)。両方ガソリンは萌えの力です。私を動かすのはダイアモンドじゃなくて萌え。

ちょっと前からチラチラ聞こえてきていた中国発信の時代劇風ブロマンスドラマ。50回もあるというそのドラマ、ハマったら沼るの必須だったんで、そーっと様子を窺っていたんですが、「わうわう」には入っていないため、よしじゃあまずは原作を読んでみようと台湾からお取り寄せしてみました。

BLって書いてあったけど、元々大陸では禁じられてるし、台湾版といってもちょっとそんな気配がするニアーBLなんじゃないかな?と思って読み始めました。分厚いA5判4冊+番外編一冊。挿絵なしびっちり全部漢字(あたりまえ)。表紙は美麗な男子二人です。むふふ。

物語冒頭でいきなり主人公が死にます。マジか。それも仲間に殺されたっぽい。更に祟りを恐れて封印されてる。そしていきなり転生(命を投げうって呼び出した少年の代わりに敵を討つ)。中華魔法ファンタジーです。ゾンビとかガンガン出てきます。

主人公魏無羨は死んでから13年経って蘇りますが、体は20台の少年です。心は何歳なんだろう。なんとなく20代後半から30くらいのイメージで読んでます。昔同じ学校で学び、その後も友達とは呼べないまでも知己だった藍忘機(白皙の美青年。いい匂いもしちゃう無表情の最強ツンデレ)、乳兄弟の江澄(苦労人の世話焼き。犬にはロマンチックな名前を付ける。ひそかに推し)には正体がバレないように必死で隠そうとするんですが、1巻の半ばで藍忘機にバレる。はやっ。そして内容がとにかく濃い。世界観がすごい。読めば読むほど事情がクリアーになっていく。登場人物と話の描かれ方に日中の文化の違いも感じたりしつつ、壮大な物語は進んでいくのです、が。

とにかく藍忘機が可愛い。ツンデレ万歳。無自覚なデレも可愛いけど、自覚のあるヤンデレ最強。可哀そうで可愛くて不器用で、主人公魏無羨のことが大好きで仕方がない。転生してからはなんとか逃がすまいと捕まえたり監禁しようとしたりどんどんデレが進んで最高。好きにならずにはいられない。

主人公魏無羨も全然仲良くないとかいいつつ、おま、大好きじゃんか!誰が見ても藍忘機のことが大好きで絡み続ける魏無羨。おしゃべりでお調子者で危なっかしいけど憎めない。トラブルメーカー。

BLかどうかはともかく、話が面白いからぐいぐい読んでいくのですが、エピソードが濃くてキツイので、途中で不安になりました。悲劇大好きな中国文化ですから、万が一にもメリバだったら辛い。というわけで、禁じ手を打って最後をチラリ。

え。まぐわってますけど。え。がっつしやってますけど。おや。あら。まあ。藍攻めですか。なるほど。ふむふむ。

ニアーじゃなくてまごうことなきBLでした!わーい。

じゃあ安心して読めるわね。安心して……と思ったのもつかの間、悲しい出来事や辛い場面が続き、藍忘機が魏無羨のために手を尽くし、なぜ静室(自分の隣の部屋)に魏無羨を連れて行ったのかなど事情が明らかになるにつれ、もはや涙が止まらない。そしてページをめくる手も止まらない。2冊目半ばでラスボスらしき人間が出てきた。えー。あと二冊半どうするのー。過去に飛びますか。そうですか。殺される辛いとこ微に入り細に入りやるんですか!……そうですか。

今3冊目の後半。癒しは二人がちょっとずつ近づいてチューしたりハグしたりいちゃいちゃしたりもどかしかったりの場面。

酒飲んで押し倒したり(未遂)。酒飲んで縛り付けて追いかけっこしてチューしたり(萌えすぎて禿散らかした)。熱出してる相手にひざまくらしたり。自作の歌うたったり。あと寝てる隙に襲ってチューしたり。

まさに寝食を忘れて読んでます。疲れてくるとただの漢字の羅列にしか見えなくなってくるんですが、限界まで読んじゃう。読み終えるのがもったいない。

文字を読みつくしたら、次は映像。だよね。これは。もう。美男子が百花繚乱。こちらはびーのえるではなさそうですが、皆様の様子を見るにラブは十分な感じがします。

いつか翻訳されたらぜひ。ぜひぜひ読んでみてください。物語としてものすごく面白いです。有名なヒロイックファンタジーにもひけをとらないですよ。あー分かち合いたい。語り合いたい。おもしろい。

という萌え語りでした。お付き合いありがとうございました!

生きてまた会おう。

百年ぶりにブログを更新してみる。

すごいことになってます。もう3か月くらいまともに外に出てません。全世界がSF的世界線に突入してますね。4月5月と三つのイベントに出る予定でしたが、二つ中止一つ延期となりました。今日参加予定だったイベントの延期は8月23日ですが、どうかな。行きたいな、大阪。

でもヲタクって基本インナーワールドで遊べる人たちだから、引きこもりには強い。今はバーチャルでも会えるから、なんとか堪えたい。そのうち本当にアバターで同人イベントとかできそうだよね。通販にリンク張って。

ここ数年おみくじでずーっと同じこと言われてる。地道に活動。粛々と精進。

潜りながら作ります。ときどきどうぶつたちと島で遊びながら。

いっしょにがんばろーう。そして生きてまた会いましょう。

 

風に乗って香るきんもくせーいがー。

秋ですね、ごきげんよう。文字書きです。台風、凄かったですね。被害に遭われた方が一日も早く日常に戻れますように…。毎年毎月どこかで災害が起きてるような気がします。全然他人事じゃないです。

もう秋です。J庭も終わっちゃいましたよ。夏から今までイベント三つ、出した本5冊。生き急ぐおばさんたちです。

でもでも、この先は半年はイベント出ないですから。次は春庭ですから。冬もおやすみです。

二人ともおとなしく(?)、狂乱の一年半を振り返りつつ、放置してきたあれこれを地道にやります、よ。祭りは終わった。とりあえずひと段落。ついに金木犀の香りもしてきちゃったしね。そう一生懸命自分たちに言い聞かせてます。

応援すべきは応援し、祈りは祈りで伝えていく。そんなスタンスで参ります。

夏に出した「五時からデート」、秋庭新刊「三時にオヤツ」、Boothにて通販しております。お気軽にどうぞ!

沼から這い上がれるほど元気でもなく、ずるっとぬるっとぼちぼちやっていきますんで、引き続き生暖かくおつきあいよろしくお願いいたします。

 

 

C96に出ますよー。

書いてないわね、ブログ。全然。

というわけで、できることからコツコツと……お久しぶりですごきげんよう。文字書きです。

夏コミは二日目、西B52a、「R35OL」で出てますよ。いつものとおり。古狸二匹暑さにめげずがんばります。

新刊は、三冊。バカなの?ええ、間違いなくバカですな。

おしながきシークレット

ナニの修正みたいになっている部分は、憚られる内容なので。白く飛ばしましたとも。良かったらぜひお立ち寄りくださいね。

イベントが終わり次第通販も致しますので、ツイッターなどをチェックしてやってください。

もはや32度が涼しいのでは?とおもってしまうこの酷暑。35度じゃなきゃいいんじゃね?と甘くみてましたが、日に日に上がりますね。10日の最高気温。さっき最新の予報を見たら34度ですって。もはや誤差の範囲……。

搬出が地獄なので、持ち込みはできるだけ絞りました。お取り置きは1時くらいまでに来ていただければ新刊既刊問わずいたします。ツイッターからご連絡ください。

ペーパーも作ったので、もらってやってね。えーと、あと、チケットさえ忘れなければきっと。

ビッグサイトで、たぬきと握手!(いらん)

J庭46に参加しますよー。

みなさまごきげんよう。文字書きです。春ですね。まだ2月ですけど。年が明けてから2カ月、ほとんど記憶はありません。

でもお芝居を見たのは覚えてます。3月もあと二回見ます。そして夏には映画館に通います。そんなことはどうでもいい?失礼いたしました。

3月3日、J.Garden46に参加いたします。いわゆる春庭です。サンシャイン池袋にて開催されますよ。サークル名『R35OL』、Bホールえ02abにてお待ちしております!

新刊は、マンガと小説が一冊ずつ。

マンガ『夜を越えれば3 朝が来る』500円

小説『ハッピーヘブン2~快楽天堂~』300円です。

「夜越え3 朝が来る」はようやくの完結、「ハッピーヘブン2」は終わらなかったので3巻に続きます💦

ハッピーヘブンは途中でプロットを逸脱してしまったので迷子になり、大事なところをまるっと3巻に先送りしちゃいました。多分数カ月先の自分に怒られます。辻褄合わせるの大変だなあ……。でもエロは進んでますよ。大好きな女装攻めをウキウキと書きました。リバもね!3巻にも引き続きリバは入る予定です。

ちなみに絵描きは夜越え2から2年経っておりまして、過去の自分に散々文句を言っておりました。曰く、ネームくらい切っとけ。だそうです。身につまされます。

夜越え3はリリカルエロ。1巻と2巻はリリカルでした。3巻はラブ増量なので、えろが入ります。だから、リリカルエロ

……リリカルエロって、何?

左も迷子になっておりましたが、1巻と2巻を読んだ人はきっと満足してくれるんじゃないかしら、というくらいにはがっつりいちゃいちゃしてますので、ぜひ3巻通して読んでくださいね♪

キャッチコピーは「死にたい男と死にたくない男が、歩道橋の上で出会った」です。

冬コミ新刊マンガ「五時からビール」500円もたっぷりありますので、何かのついでにぜひお立ち寄りください。こちらは続編が夏に……出るんじゃないかな?ww

お待ちしてまーす!

j46web

 

 

 

 

 

はーるーよー。遠きはーるよー。

ひとつ前のブログが7月?今、12月?へえええええ。へええええええ。

………ごきげんよう!文字書きです。冬コミの原稿が、あと残すところえろだけだからって逃避してるわけじゃないのよ?ブログ書かないとって使命感に駆られただけよ?

冬のイベントは冬コミです。1日目、西ホール、も25b「R35OL」でございます。創作BLでオヤジジャンルに生息しとります。

新刊は、マンガ「五時からビール」ですよ!

ここにきて、割と王道なBLです。秋庭の後、二人でビール飲みながら盛り上がって一瞬でできました。でも、できてから形にするまではやっぱり一瞬というわけにはいかず、結局青息吐息で製作中(@絵描き)です。毎週水曜日にツイッターに上げてますが、そのうちまとめてサンプルとして支部にも上げる予定です。しばしお待ちください。へたれわんこ攻め、ツンデレ美人受け。です。よ。とりあえず、今は(常連さんは予想ついてるかもですが)。

表に上げられない部分は全部服着てないから、まあつゆだくですわ。乞うご期待!

もう一冊新刊があるのですが、創作BLではないので、詳細は割愛します。気づいた方はよろしくです。そちらもうっすいうっすい本のつもりが、着実にページが増えつつあります。

二冊とも入稿は15日土曜日、正午!

午前中って書いたらじりじりじりじり引き延ばされたんでしょうね。うちらみたいに「昼休み終わるまではいいんじゃない」とか言い出したところがあったんでしょうね。正午と明記されるようになりましたww。

さて、今年も残すところわずかとなりましたので、2018年を振り返ってみましょう。我々がこのサークルを結成してから12年(長い)、あちこちふらふらしてまいりましたが、今年もなかなかの迷走っぷりでした。

3月のJ庭はちくわ会議下巻を出しました。すごく分厚い一冊です。そこまではよかった。5月から先の記憶がありませんww。ビッグウェーブが来てUFOに攫われて夏祭りが開催され、気が付いたら秋でした。秋庭は王子と黒馬1と、ハッピーヘブン1をなんとか出しましたが、結局その後また冬祭り。からの、来年夏まではUFOに攫われ続けることが確定しております。なんてこった。

今必死に冬の原稿やってますけど、どうにか春庭の本をやる隙間を残しておかないと、また丸坊主になります。それは避けたい。

春は、黒馬2とハッピーヘブン2(で終わるはず)。大丈夫。きっとできる。やればできる。書くことは決まってるんだ。出せばいいんだ(今現在の自分に言い聞かせてます)!心に修造を!

春、遠いぜ……。

 

くっついたらアウトだと思っていた話。

暑いですね。ごきげんよう、文字書きです。今日は若い人達にはわからないかもしれない話をします。時間がある人だけ見てね。

その昔、一般マンガ誌で連載されていた殺し屋と刑事のラブストーリーがありました。両方男です。殺し屋は超オトコマエでスパダリで、男も女もいけちゃうけど、闇を抱えて生きている。刑事は女の子と間違えられるほどの美形だけども、中身は一本筋が通っていて、誰からも好かれちゃう太陽属性。説明するまでもなく超有名なマンガ。

二人は惹かれ合っていて、なんだかんだでキスはしてる。でも絶対寸止めだし、殺し屋は刑事に手を出さない。私たちの間では「くっついたら殺し屋は死ぬ」と信じられていました(笑)。

ところがですよ奥さん、ある日二人が一線を越えたんです!なんてこった!女子高校生だった私(大学生だったかもしれない)は絶望しました。寄ると触ると「死ぬなこれ。殺し屋死ぬわ。なんでくっついちゃったんだ」と嘆いてました。

少なくとも私の周囲の女子は皆そう信じてました。もう連載は終わりに向かってるのかしら。だから一線越えちゃった?このあと破滅が待ってるのね、と。

ところが二人はその後ラブを貫き、全然ハッピーエンドでした。えー。マジか!いや、全然いいけど!むしろウェルカムだけど!

なんでそんな風に思っていたかというと、30年とか40年とか前の物語は男同士=悲恋がスタンダードで、どんなに愛し合って学校から駆け落ちしても社会に適応できずに麻薬中毒とかで片方が死んじゃうし、超運命の恋人同士なのにあと一歩のところでで攻めが我に返っちゃって女とくっついちゃうし、僕と行こうとヴァンパイアが永遠の命を授けても殺されちゃうし、日本だけじゃなくて外国映画だって最後は全部悲恋だった。JUNEですら死にネタオンパレードだったよねー。

だから、公の映画やドラマで男同士がくっつくと、その後起こりうる悲恋の結末に向けて、心が予防線を張るのです。多分あのマンガが時代の分岐点にあったのは、間違いないと思います。あのあたりでハッピーエンドが許され始め、BL本も普通の本屋に並び始めたんじゃないかな。

何が言いたかったかというと、某ドラマにおいて、6話から7話の間の一週間、誰と誰がくっつくのか、あるいは誰ともくっつかないのかって悶絶していた時間に、私らの胸をひたすら悪夢がよぎっていたのはこれまでの経験値に基づく根強い疑いがあったからなんです。

「女の子とくっつく」

「いや、それだとこの話の大前提がそもそもおかしくなる」

「じゃあ部長とくっつく」

「いやいや、まあヒロインだけども。それはないよ。結婚式の映像が出ちゃってるからいっそそれはないよ」

「一年間の間に何があったん」

「流され侍にもほどがあるやん、ハルター!(腹から出る声)」

「いっそ誰ともくっつかないバッドエンド」

「暴動起こるわ」

今となっては笑い話だけども、あの一週間は本当に胃が痛かった。きっと皆同じ気持ちだったと思うけど、おばちゃんたちはもっと悪夢の中にいたと思うの。ていう話。ここまで長々お付き合いいただいてありがとう(笑)。

いやあ、本当に本当にいい時代になった。男同士の月9とはよく言ったもんだ。だからって安易にこのテーマをドラマとか映画に持ってくると大やけどすると思うけどねー。

せっかく良い時代が来たのだから、同じように楽しく良質な同性同士のラブストーリーがたくさん出てくることを切に希望します。

 

 

 

 

2018 おばさんずサマー

みなさまごきげんよう。右脳左脳です。お元気ですか?

ブログの記事、一個前がまさかの春庭。ブログとは。ごめんなさい。

すでにご存じの方が多いとは思いますが、現在我々は深い沼にはまっております。夏に二冊予定していたオリジナルの新刊、一冊は諦め、もう一冊はすでに微妙なラインを迎えております。

右も左も出てくるものはおっさんばかり。でも33歳っておっさんかしら。おっさんだと思えばおっさんか。我々としてはおっさんは35歳から(サークル名参照)ですが、考え方はひとそれぞれですからね。

まあ、おっさんでもおばさんでも若者でもなんでも、OLワールドは皆が輝いてました。

今年の夏のイベントですが、夏コミに受かりましたので、8月11日(土)西ホールく07aにてお待ちしております。オリジナルBLです。新刊は夜を越えれば3の予定です。です。です……DEATH。

あと、オリジナルではない新刊、OのLが出ます。こちらは夏のイベント全てに持っていきます。漫画&小説本(無論オトナ向け)です!

続きまして、19日のインテにも出ます。こちらはオリジナルではありません。26日のグッコミも出る……お?

19日にはもうひとつ、東京で赤い鳥がありますが、こちらはいつもご一緒させていただくあおうみさんのところに委託します。新刊はとうてい出ませんが、ペーパーくらいは……なんとか。したいと思っております。描きたいものはあるんです。

そうこうするうちに、秋のJ庭も申し込みが近づいてきました。夏コミのサークルカットに書いてある新刊はノリタケなので(つまり結果として嘘八百)、次はそういうことのないように、確実に出せる新刊を……何かなあ。馬かなあ。もう何年も言ってるけど、今度こそ馬かなあ。

↓(嘘八百の夏コミサークルカット)

c94

 

 

 

 

J庭44、ありがとうございました!

怒涛の冬が過ぎ、嵐のような春がやってまいりました。

ファンレターよりお礼が先だろうと怒られたとです。文字書きです(ヒロシです、的な)。

皆様拙スペースに足を運んでいただき、ありがとうございました!

いつもよりも更に多くの人で賑わい、通路もみっちり狩人たちがひしめいてましたね。お目当ての御本はゲットできましたか?

文字書きはひとつだけ、コピー本に長蛇の列ができていて諦めたサークルさんがありましたが、ご縁があれば次回読めると信じて撤退してきました。搬入部数って難しいですよね。

去年はアホみたいにイベントにたくさん出て、二次本もたくさん作りましたが、J庭に帰ってくるとホーム感が違います。お客さんもほぼ顔見知りで、また今回もお会いできたな、嬉しいなとほっこり帰路につくことができます。

差し入れのお気遣いもいただきまして、当分スイーツ貴族を満喫できそうです。全部美味しい。巡りズムとかバスソルトとかもあったりして、癒されてます。幸せです。

本当にありがとうございます!

ちくわ会議完全版(下)もたくさんお手に取っていただきまして、恐縮です。通販も開始しました。

Boothで自家通販、コミコミスタジオさんに書店委託(店頭販売もあるのかもしれません)してますので、良かったらご利用くださいませ。

Boothからの通販作業は文字書きがやっているのですが、私用で3月20日から4月上旬まで発送作業ができません。その間は一時的に通販を閉じていきます。再開は戻ってきてからとなりますので、ご了承くださいませ。

それまでガンガン送りますからねー!

今年の夏、そして秋の本は、計画だけは立てておりますが、やってみないと何とも言えません。文字書きもぼちぼちやり始めますね。次はたぶん暗くて重い話になるけど。

また皆様にお会いできるよう、精進してまいります!よろしくお願いします!

粋な間、確かな愛

大好きな作品をおススメするという難題に挑戦してみようと思います。うまくできたらいいのですが。当然知ってるさという方はスルーでよろしくお願いします。

シリーズ作品です。舞台はアメリカ、ワシントンD.Cにある警護専門会社(P3S)、いわゆるボディーガードを派遣する会社です。個性豊かなボディガードとクライアントが登場し、事件が起きます。

主人公のジュン・テルヤは日米ミックスのアメリカ人で、アラスカ育ち。子犬のように愛らしい容貌なのに、実はバイアスロンのオリンピックゴールドメダリスト。

もう一人の主要人物はグレイ・ラブストック。頑固で強面、薔薇と犬とジュンをこよなく愛する英国人です。華やかな貴族様の親友トム・ショルティとはまるでアナカンのガイとジャドのようです(例えが古いのは古の腐女子だから許してください)。

P3Sの社長、ランディ・ガーズマンや個性的な同僚たち(みんな大好き!)、毎回出てくるクライアントがこれまた魅力的でそれぞれに人生を歩んでいる。

BLとしてももちろん、まず小説として面白い。まるで外国のドラマを見ているかのようです。言葉は日本語で描かれているのに、彼らが話しているのは英語なんだろうなと想起させる「間」としぐさ、そしてセリフ。

普段強面で笑うことなどないグレイですが、大好きなものを見ると、きっかり三秒目尻が下がるのです。多分、犬とジュンに関することだけだと思われます(笑)。

見てみたい!目尻の下がったグレイ。どんな顔になるんだろう。

ネタバレになるからこれ以上は控えますが、繰り返し出てくる小粋なセリフと間、そしてブリティッシュジョークがたまりません。たけうち先生の作品に共通する確かな人間愛(時に自然や動物にも)が常に流れ、物語の佳境ではハリウッドのようなアクションシーンも出てきます。

もちろん、二人のラブも見逃せません。ボリュームだけがエロスじゃない。的確な文言にやられますよ!

本屋さんで買えるのは「薔薇とボディガード」、「星とボディガード」、「琥珀とボディガード」、「海とボディガード」、「探偵とボディガード」、そして「ボディガードの告白」です。天才とかテロリストとか魅惑のフィギュアスケーターとか美貌の俳優とか、盛沢山。

他の作品とも登場人物がリンクしているので、こことここが繋がってる!と気づくと楽しいです。

さて、ようやく本題だ。

今回のJガーデン44で、なんとこのボディガードシリーズ、新刊が出たのです。やったあ!

「狼とボディガード」1000円

表紙もたけうち先生のイラストです!素敵。書店委託もされているようですが、Boothからも買えます。

ネタバレはしませんが、まさに「狼とボディガード」としか言いようがありません(笑)。

大満足です。読後にはいつものように幸せな気持ちになれます。

そして更に更に、ペーパーがごほうび的な!寝落ちる前に本編を読み終えた右脳は、最後にペーパー読んでばちーんと目が冴えました(笑)。夜中に暗闇に向かって拳をふり上げたよね……。

ありがとうございます、先生!甘い!素敵!甘い!(語彙貧)

シリーズものって、ハマると揃えますよね。そして、折に触れ何度も読み返しますよね。

読めば読むほど味わいが増す、そんなシリーズです。

海外ドラマとかイギリスものが好きな方はぜひ!かっこいいおじ様好きの方にもおススメですよ。魅力的なキャラクター満載です!

……どうかな。うまく御紹介できたかな。ネットの海には皆さんの素敵レビューが沢山ありますから、もっと上手な方のも参考になさってくださいね~。